ホラー アクシデンタル 第12話「失われた時を求めて」

ホラー アクシデンタル 第12話「失われた時を求めて」についての記事です
・「あらすじ」:話のストーリーをざっくりと書きます
・「私が思う話の内容」:話の真相、どのような意味が含まれているかを考えます
・「情想」:観ていて気づいたことや思ったことを話の流れに沿って書きます

あらすじ

とあるマンション――

主人公の女の子がシャワーを浴びている

部屋ではやかんが沸騰して鳴いている

テーブルには、後で使う”お茶を作る製品(名前知らない)”が置いてある

バスタオルを体に巻いた主人公が「あっぶない」と言いながら火を消したら、バスタオルが体から落ちて全裸が見えてしまう

小さな悲鳴をあげて再びバスタオルを巻いて後ろを振り返ると、ベランダの窓のカーテンが開きっ放しなのに気がつく

「あ~、こっちもあぶないよ~」

と言いながらカーテンを閉めに行く

ベランダには洗濯物もない

――◎◎場面転換◎◎――

主人公が先ほどの”お茶を作る製品”にやかんでお湯を注ぎお茶を作っている

注がれるお湯から湯気が立っていないから、前場面から少し時間が経っているのかもしれない。お茶の量は一人分

冷蔵庫から何かを取り出そうとして扉に貼ってある”ごみと資産物の収集日”の紙に気づく

どうやらごみを捨てるのを忘れていたみたいで、ため息をつきながらごみ袋を捨てにいく用意をする

上に一枚だけ羽織ってごみを捨てに玄関に向かう主人公

ドアのチェーンを外したところでドアの隙間に何かはさまっているのに気づく

抜き取って両手で広げてみると、それは一万円札(一枚)

その一万円札をしばらく見つめて、そして急にはっとした表情になる主人公

振り返ってベランダに向かい、カーテンを開けて外を見回している(窓は開けていない)

はっと何かに気がついた主人公

その視線の先には、公園を挟んで向こう側のマンションの部屋からこちらを覗く男の姿が

距離は公園だけを挟んでいるのでそれほど遠くはない

男がにやっと笑う

主人公がめちゃめちゃ恐怖する

突然、先ほどのタオルが落ちて全裸が見えてしまったシーンがプレイバックする

終了――

私が思う話の内容

主人公は全裸姿を男に覗かれていた

男は、全裸を見せてくれたお礼に直接主人公の部屋の前まで行って一万円札をはさんでおいた

それを全て知った主人公は恐怖したんだと思います

情想

男が覗いていたときのシーンの効果音怖っ

それだけでなく、主人公の恐がりようもリアルで上手い

主人公はお風呂する間にお湯を沸かしていたのか。だとしたら完全にあぶないと思うけど・・・

男の行動早い

でもお湯から湯気が立ってないからある程度時間は経っていたのかもしれない

それにしても一万円とか気前良すぎ。覗きは常習だったと考えても気前良すぎ

主人公勘良すぎ

一万円札がドアにはさんであっただけで覗かれていると思うとは

それとも一万円札に何か書いてあったのか

一万円札を見る主人公の目が文字を読んでるようにも見えたけど、それこそ想像の域だ

男の居た部屋の場所が主人公の階よりも少し低い位置にあるうえ、

主人公のベランダの窓ガラスの下半分はすりガラスだったからあんまり裸は見れなかった、というかほぼ見れなかったはずだ

それにしても窓ガラス汚いよ

手の跡みたいな汚れが窓ガラスに目立ってるし、少しはお掃除したらどうだろう。とまた余計なお世話を

今回の話にも、そして前回の第11話「悪徳の栄え」にも公園が出てきていた

そうなると自然と「もしかして同じ公園なんじゃないか」と思ってしまう

しかし、第11話での公園(秦野市立 つるまき北公園)ではカラーブランコと白ウサギの乗り物

今回の公園ではカラーすべり台だけと、同じ公園かどうかまでは分からなかった

タイトルの「失われた時を求めて」の意味はまったくわからない

失われた時?


ホラー アクシデンタル等 目次

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP