経験

経験・学んだことについて

カリスマバスガイドのやり方

・歌を唄って雰囲気を盛り上げる。みんなと一緒に唄ったり、一人を指名して一緒に唄ったりする
・一人一人の名前を覚え、名前で呼ぶ
・運行中は決して休まない
・雰囲気に乗り遅れている人はいないか、常に目を配る
・手話も覚えて普遍性を高める
・バス以外のところでも一緒にいて触れ合う
・別れのときはバスのドアの外で一人一人と握手をする。もちろん名前で呼びながら。お客が見えなくなるまで手を振りつづける

発信テレオペ(営業電話) から学んだこと

a 営業は攻めが大事だ。お客様が興味を持つまでは
a-例 「~いかがでしょうか?」ではなく、当たり前感を出して「絶対お得ですよ。もったいないですよ」

b “引き”の活用
引きトーク。欲求を高ぶらせる

c 盛況感を出す(盛況感“社会的証明”)
「~したいというお客様に特にご好評です」

d 一貫性の活用(“コミットメントと一貫性”)
一貫性の心理。「他のお客様もそうおっしゃいます。(しかしですね、~)」「みんなやってますよ」

e 笑顔。誠意

f 相手にとって無理な事でも、二回反対すれば気持ちがゆらぐ(反復承諾“反復”)

g 不満の建設的利用[立場の上下反転](“解決”)
条件や制限など相手にとって不利な事を“限定”に置き換える
g-例 「最低二年間継続しないと罰金がかかる」というのなら、「二年以上継続される方限定で」

h 当たり前感を出す。そして自信を持つ

i 不必要なもの、将来性がないものには早々に切り上げて時間をかけない


思考学 目次

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage

好意維持

noimage
noimage

疾患

noimage
noimage

引き

noimage

高低差

noimage

深層心理

noimage
noimage

解決

noimage

相手を知る

noimage
noimage

noimage

依存

noimage

子育て

noimage

形式

Menu

HOME

TOP